車などの大きな買い物に対するローンと生活費のローン

2月 15th, 2014

銀行からでも個人からでも出来る事ならお金を借りると言う行為はしたくありません。しかし例えば車を購入する時や住宅を購入する時のような大きな買い物をする場合は、自分の貯蓄だけでは足りずにどうしてもお金を借りなければいけないと言う事もあります。

例えば軽自動車なら約100万円で購入する事が出来るものもあります。自分の貯蓄としてそれ以上の金額が有る場合でも、一気に自分の貯蓄を減らしてしまうよりも銀行等にお金を借りて月々の支払いをしながら貯蓄もしていく方が良いのではないかと言う考え方があると言う事を聞いた事があります。

私自身も車を購入する際にローンを組んだ事があるのですが、私の中で車や住居などを購入する為にお金を借りると言う行為をする事があっても、生活をする為に必要な生活費をローンで支払いたくはないと言う考えがあります。

人それぞれ考え方はあると思いますが、生活費をローンで賄わなければいけない状況になってしまうと、その生活の中には不安がつきものになってしまうのではないかと思うのです。生活費が足りなくなるような暮らしは避けたいと思っています。

ブラックでも借りれる消費者金融に手を出すことになると思うとゾッとします・・・。

悪寒と胃の不快感を1人で耐えた家族旅行

2月 1st, 2014

以前、私の両親と夫と娘で旅行に行った時の話です。両親とは一緒に住んでいないので、宿泊先の近くまでそれぞれの車で行くことにしました。

朝早く起きて車の乗りました。運転は夫がしてくれます。しばらく走ったときに背中がザワザワとするような感覚になりました。「しびれたのかな?」と思っていたのですが、いつまでもザワザワしていました。それは悪寒でした。おそらく熱があったと思います。

そして両親と合流して植物園に行きました。孫と一緒でウキウキとはしゃぐ両親。写真を撮る夫。その後ろからゾクゾクと悪寒を感じながらついて行きました。でもみんな楽しみにしていた旅行だったので、誰にも言わず耐えていました。

ホテルについてすぐに大浴場に行きました。暖まれば少しはよくなるかと思い、娘を母に見てもらいながらじっくり湯船に浸かりました。これで少し改善したように感じました。

でも夕食の海鮮バイキングは全く食べられず、結局早々に布団に入りました。娘はじいじとばあばに遊んでもらっていたようです。

翌朝、なんとか食事もでき動くのが辛くないほどに治っていたので、観光して帰りました。

たぶん熱もあったし、胃にもきていたと思います。風邪だったのか、インフルっぽかったのか…。